ホーム > Dr.八杉「美」への架け橋 Fat X注入後の経過

Dr.八杉「美」への架け橋

Fat X注入後の経過


世の中がお休みであればあるほど需要が増えるのが美容医療。
ダウンタイムはお休みの間に消化しちゃいましょう!
このたび、新しい脂肪溶解注射 Fat X がクリニックに入ってきたので、まずは自分の顔を実験台に!とやってみました。
治療後1カ月が経過しましたので、結果を報告します。

注射前の状態がこちら

Fat Xの経過写真

私、「頬袋」みたいな膨らみが口の横にポコっとありまして、せっかくの機会なのでこいつを小さくしてやろうと思ったわけであります。
赤でマーキングしたところに Fat X を注入。
トータル注入量は1バイアルの半量(5cc)です。

注入後1カ月の状態がこちら

Fat Xの経過写真

一回り小さくなった感じですね。
自分としましても、気になっていた「頬袋感」がなくなったので、やってよかったなーと思っています。
ただ、

●注射後1~2週間は地味に痛い

●直後はわりと腫れる

というのも正直な意見。痛みは我慢できないレベルでは全くないのですが、ぐりぐり触ると痛いです。
どのくらい腫れるか、出来るだけ毎日写真で記録してみました。

Fat Xの経過写真

スマホの自撮りなので、撮影条件もバラバラ、顔面崩壊してるショットもちらほら(見苦しくてすみません)
3日ぐらいは派手に腫れてますね。1週間で元の顔に近い状態かなと思います。
Fat Xの有効成分のデオキシコール酸は、脂肪細胞に壊死を起こして細胞数そのものを減らし、その効果は半永久的に持続するというもの。
この反応の過程で脂肪細胞に炎症を起こすため、腫れるわけですね。
実感としては、腫れる脂肪溶解注射のリポビーンと比べて、

1.効果
1回で効果を実感できました。リポビーンとの優劣はまだつけがたいです。

2.腫れ具合
リポビーンよりはマシ。元の状態に戻るのは1週間が目安。

3.痛み
直後はズキズキします。翌日以降はしびれ・つっぱり感を伴った痛みがあります。地味に長引く印象。痛みの持続期間はリポビーンより長いかも。

4.その他
リポビーンよりも注入量が少ない分、針を刺す回数が少なくて済みます。そのため、施術時間も短く済みますし、内出血が少ないです。

というのが、私の実感です。

なので、

・1回で効果を実感したい
・3日間それなりに腫れてもOK
・リポビーンの腫れ、内出血は耐えがたい

という方にお勧めです。
ご興味を持たれた方、是非ご相談ください。

LINE友達追加